日刊225運営ポリシー

運営目的:日経平均先物市場の有効な分析チャートの開発と発刊を通じて投資家を保護し日本の株式市場の発展に寄与することを目的としています。

資金管理:先物投資では資金管理が成功の鍵を握ります。資金管理シミュレーションシステムの公開を通して投資家が正しい資金管理を行うよう啓蒙活動を行います。

資金原則:投資に充てる資金は余剰資産でありかつ年収の30%以内であることを原則としています。資金管理は全ての経済活動の基本であり投資家自身の責任で厳重に自己管理すべき重要事項です。

啓蒙活動:日刊225では分析チャートと公開掲示板での掲示により投資家への啓蒙活動を行います。投資に関する個別の顧問活動は行いません。
自己責任:投資家が日刊225の刊行物および掲示物を閲覧して生じる全ての利益と不利益は実際に投資を行う本人自身に帰属します。
免責事項:日刊225の刊行は株式市場の休日以外に担当者の休暇等の発刊者の都合により予告なく休刊されることがあります。日刊225の休刊に関して発刊者は免責を宣言しています。
policy
policy
inserted by FC2 system